スポンサーリンク

我が家のお金の流れ公開!

貯める力

自分たち家庭内のお金の流れをどうしようか悩んでいる方はいませんか?

独身の方だとそこまで悩まないと思うのですが、結婚して子供が出来てと家庭内でお金の移動が発生する方はどこにどうやって流れているか、いつの間にか分からなくなってしまったなんて事もあるかと思います。

現在我が家は、家族で6つの銀行、5つの証券口座を使い分けています。

もちろん振込手数料は無料でお金を移動させているので、家庭内のお金の流れを整理したい方のお役に立てれば幸いです。

お金の流れ全体像

上記が我が家のお金の流れの全体像です。

主にオレンジの枠が出口なのですが、メインのUFJだけでなく管理費を振り込むみずほや証券会社へ流れるネット銀行系にもお金を流しています。

ではひとつづつどの様に振り分けているか解説させて頂きます。

給料口座はUFJ

自分はUFJで住宅ローンを組んでいるので、まずはここを給料が入るメインバンクにしています。

その為、ローンだけでなく生活費やつみたてNISAなんかもここから引かれています。

また、プライベートカードはVISALINEPayを使っていますのでそれもこの口座から引き落とす様にしています。

管理費振込口座はみずほ

我が家の場合、UFJとみずほ銀行が非常に近い距離にあります。

なので、何ヶ月かに一回ここはハンドキャリーにて数ヶ月分の管理費を移動させます。

みずほ銀行を使っている理由は、『管理会社への振込手数料が0円だから』です。

後述する、住信SBIネット銀行でも回数制限ありで自動振込の手数料が無料ですが、その回数制限の枠を埋めるのがもったいないくらい近距離に両銀行があるのでUFJ→みずほ→管理費振込を行なっております。

貯金口座は楽天銀行

順番が変わりますが、我が家は楽天銀行を貯蓄口座のメインで運用しています。

というのも、マネーブリッジと楽天銀行を連携させると金利0.1%と他で預けておくよりもちょっと金利が高いです。

また我が家の場合は、奥様と子供も楽天銀行が投資の拠点なのでここへの振込手数料が0円という事も大きいです。

我が家のミッドフィルダーは住信SBIネット銀行

急にミッドフィルダー(MF)とサッカーのポジション名が出て来て恐縮ですが、我が家のお金の流れの起点はこの住信SBIネット銀行と言っても過言ではないです。

というのも、理由は二つあります。

・自動入金、自動振込という機能が無料で使える(回数制限あり)
・目的別口座が使える

なので、住信SBIネット銀行が我が家のお金の流れのMFです。

自動入金、自動振込という機能が無料で使える

これは読んで字のごとくなのですが、我が家の具体例を交えてご紹介します。

①UFJ→住信SBIネット銀行へ10万円入金する
②住信SBIネット銀行→楽天銀行へ10万円出金する

という流れを自動で手数料無料で実行してくれます。

この設定を利用して我が家は給料天引きで貯蓄口座へ入金出来るようにしています。

定額自動入金サービス

お客さまの他行口座から指定金額を引落し、自動的に当社口座へ入金いただけるサービスです。毎月一定額をATMや振込によって入金しているお客さまは、当社への入金が自動化できますので便利です。
手数料は無料、ご入金は1万円以上1千円単位で設定可能です。
※ お客さまの他行口座から毎月5日または27日に引落し、原則引落日の4営業日後に当社代表口座に入金します。(通常午前中に入金されます)

https://www.netbk.co.jp/contents/lineup/jido-nyukin/ より引用

目的別口座が使える

住信SBIネット銀行は、一つの口座で目的別口座が作れます。

少しややこしいのでこれも我が家の具体例を交えてご紹介します。

口座1=代表口座
口座2=楽天せどり用口座
口座3=プレゼント口座

という具合に、一つの口座のなかで5つまで口座を分ける事ができます。

自分の場合は、楽天せどり(事業用)の口座や息子へプレゼントの為投資資金を貯める口座に使用しています。

目的別口座
簡単で便利!目的ごとに資産形成をサポート
当社では、口座開設と同時に作成される代表口座のほかに、いろいろな目的の資金をお一人の名義内で分けて管理できる預金専用の「目的別口座」をご利用可能です。円普通預金・円定期預金・外貨普通預金・外貨定期預金を目的ごとの口座に分けて管理できます。

https://www.netbk.co.jp/contents/lineup/purpose/ より引用

我が家のお金の流れまとめ

我が家は、給料が振り込まれるUFJから始まり6つの銀行、5つの証券会社へお金を振り分けています。

特にMFである住信SBIネット銀行を経由する事とここで目的別口座を作ってお金を管理する事がオススメです。

家庭内のお金の流れを整理したい方のお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました