スポンサーリンク

【疑問回答】いくらから投資を始めればいいか

増やす力

【投資】と聞いて、莫大な元金がないといけないイメージがある方もいるではないでしょうか。

莫大な元金とは100万円なのか1,000万円なのかは人それぞれですが、ニュースなどでたまに見るように一歩間違えれば一瞬でそれが紙切れになってしまうと思うと投資に一歩踏み出せない。

そんな方もいらっしゃると思います。

しかし現在投資は、100円から投資可能な時代です!

そして、余剰金を眠らせて置くくらいなら投資した方がいいと自分は思います。

今回は、金額毎に現金貯金と投資でどのくらい差が生まれるかをシュミレーションしていきます。

投資をしてみたいけど、一歩踏み出せない方はまずはこのシュミレーションを参考に自分に確保できそうな余剰金で始めることがオススメになります。

なので、投資を始めるか迷っている方のお役に立てれば幸いです。

月100円の投資を38年間した場合

楽天証券 積立かんたんシミュレーションより引用

毎月100円を23〜60歳まで38年間年利4%で投資した場合、元金45,600円が106,820円になります。

60歳の時に約10万円。

『これで何ができるんだ?』

と言われると、ちょっと困るのですが…

元金約4.5万円が約10万円に成長しているのを見ていただきたいです。

これは複利効果というものなのですが、この複利効果こそが余剰金を眠らせて置くくらいなら投資した方がいいと思う最大の理由になります。

複利効果とは、運用で得た収益をふたたび投資することです。つまり利息が利息を生んでふくらんでいく効果のことです。

月3,000円の投資を38年間した場合

楽天証券 積立かんたんシミュレーションより引用

毎月3,000円を23〜60歳まで38年間年利4%で投資した場合、元金約137万円が約320万円になります。

利益率は約2.3倍。

毎月3,000円は毎日100円くらいなので、社会人一年目の飲み会負担代くらいでしょうか。
(だいたい自分の負担はそんなものでした。諸先輩方ご馳走でした。)

それを投資していけば、60歳に320万円になります。

320万円あれば、還暦のお祝いに家族旅行も自由に行き先を選べるでしょう。

自分や家族へのプレゼントに何か特別なモノを選んでもいいと思います。

月々3,000円の投資が未来の大きな金額に変わっています。

月20,000円の投資を38年間した場合

楽天証券 積立かんたんシミュレーションより引用

毎月20,000円を23〜60歳まで38年間年利4%で投資した場合、元金約912万円が約2,136万円になります。

60歳で2,000万円あれば老後2,000万円問題も解決しますし、生命保険だって不要でしょう。

20,000円というのは結構大きいと感じる初心者サラリーマンは多いかと思いますが、実は通過点でしかなく20,000円を投資に回せる人は頑張って33,333円投資に回したくなると思います。

この章最初10,000円で計算していたのですが、100円の100倍の数値が出てきたので20,000円に切り上げました笑

月33,333円の投資を38年間した場合

楽天証券 積立かんたんシミュレーションより引用

毎月33,333円を23〜60歳まで38年間年利4%で投資した場合、元金約1,520万円が約3,560万円になります。

33,333円と聞くと、新卒サラリーマンには大金で捻出するのは苦しいかもしれません。

しかし複利効果は時間が長いほど効果的なので、早いうちに頑張った分将来大きなリターンとなって自分に帰ってきます!

ちなみになぜ33,333円というキリの悪い数値かというと、つみたてNISA上限が年40万円=毎月33,333円になるからです。

つみたてNISAは2042年までに入金した金額を非課税で20年間運用できる少額投資非課税制度の事になります。

【疑問回答】いくらから投資を始めればいいかまとめ

今回は100円〜33,333円まで年利4%で38年間投資した場合、どのくらいの成果があるかをシュミレーションしてきました。

やはり自分のオススメとしては、余剰金を眠らせて置くくらいなら投資した方がいいと思います。

投資をしてみたいけど、一歩踏み出せない方のお役に立てれば幸いです。

いくらから投資をすればいいの?の前にゴール設定をしっかりする事が大切だと思います。

まだお読みでない方はこちらもオススメになります↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました