スポンサーリンク

【簿記勉強記】日商簿記検定3級記録【資格勉強】

お金にまつわる5つの力

日付は代わりましたが隙間時間ができたので単元2簿記とはを最後まで勉強しましたのでまとめていきます。

自分が学んでいる商材はクレアールという通信教材です。

自分の時間に合わせて授業を進められる事を魅力に感じこの教材を選びました。

クレアール簿記検定講座
科学的・合理的・経済的に日商簿記検定試験の合格が目指せます!詳しい資料を無料で急送します。

単元2 簿記とは

残りの時間で学んだことはスライド三枚分で下記になります。

・複式簿記のイメージ
・借方と貸方
・会計期間

その中で勉強になった借方と貸方、会計期間についてまとめていきます。

借方と貸方

簿記では帳簿が左右に区切られていて、左側を借方、右側を貸方という。

ただし、これは取引銀行から見た立場で記載していくので当社(自分)から見ると反対側の意味に書くことが多い。(例えば、借り入れを貸方に記載するなど)

この辺は普段の生活の右左くらいの感覚で簿記では使っていくので、あまり深く考えず使えるようにしていく。

会計期間

会計期間とは区切った期間のことをいうが、大体の場合は4/1-3/31のことである。

また各期間の名称として下記の3つがある。

・4/1=期首
・3/31=期末(期末となる日を期末日、決算日)
・4/1-3/31=期中
 

また今年のことを当会計期間(当期)、去年のことを前会計期間(前期)、来年のことを翌会計期間(翌期、次期)という。

まとめ

今日は単元2(簿記とは)を最後まで学び、ブログにてアウトプットしました。

子育て、本業、副業、トレーニング、勉強、、、と時間を取りにくいかもしれませんが少しでも勉強時間を確保し、年内には日商簿記検定3級に合格したいと思います!

クレアール簿記検定講座
科学的・合理的・経済的に日商簿記検定試験の合格が目指せます!詳しい資料を無料で急送します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました